学校働き方改革のためのICT活用法(エクセルでの成績処理)

成績処理に便利なエクセルの使い方

学校の先生向けに成績処理を行うときに便利なエクセルの使い方を解説しています。

  • 平均点を算出する
  • ある点数以上のところの色を変える
  • クラス内で点数別に順位をつける
  • 点数に応じて評定(A、B、Cなど)を割り振る
  • 点数順にクラス名簿を並び替える

など成績をつける際に作業効率化になるものを紹介しています。
など、参考にしてみてください。

 

任意の点数以上のところだけ色を変える方法

テストの点数が入力された表の中である点数(例えば90点以上)のところだけ色を変えて表示させる方法の解説です。

作業イメージ

上記は90点以上のところだけ色を変えたイメージです。
エクセルでは○点以上だけでなく、○点以下未満なども設定することができます。

 

⇒ 続きはコチラ

 

複数回のテストの点数を合計する方法

複数回のテストの点数を合計する方法の説明です。
下の図ではオレンジの部分(1回目から5回目)をすべて足して「合計」に表示させています。

作業イメージ

数値の合計を計算するというのはエクセルの基本ワザのひとつです。
テストの点を合計する例で説明していきます。

 

⇒ 続きはコチラ

 

平均点の算出方法

エクセルで複数回のテストの点数から平均点を計算する方法の解説です。
下の図ではオレンジの部分(1回目から5回目)の平均点を計算しています。

作業イメージ

テストを受けていないときは空白にすれば、テストを受けたときのみの平均を計算します。

 

⇒ 続きはコチラ

 

点数の高い順に順位をつける方法

エクセルで成績処理を行う際に点数の高い順に順位をつける方法の解説です。

作業イメージ

上の図では平均点(オレンジの部分)をもとに順位(赤)を自動的に計算しています。

 

⇒ 続きはコチラ

 

点数に応じてランク分け(A,B,Cなど)する方法

90点以上ならA評価」といったような成績処理をエクセルで行う方法の解説です。

作業イメージ

上の図では平均点(オレンジの部分)をもとに評定(A、B、C)を計算しています。
(90点以上→A、80点以上→B、80点未満→Cとしています。)

 

⇒ 続きはコチラ

 

成績順にデータを並べ替える方法

エクセルで成績順にデータを並べ替えるやり方の解説です。

作業前
↓平均点をもとに並べ替え↓
作業後

並べ替えは昇順降順を指定して実行することができます。

 

⇒ 続きはコチラ

 

評価(A,B,Cなど)の数を数える方法

成績をつけたエクセルのリストから任意の評価とつけた数を表示させる方法の解説です。
(例:A評価をつけたのが何人かなど)

作業イメージ

ここでは評定の列でA、B、Cをつけた数をそれぞれ表示させる方法を説明します。

 

⇒ 続きはコチラ

 

所見の文字数を数える方法

エクセルを使って通知表に記載する所見データが何文字になっているかを数える方法です。

作業イメージ

入力した文字数を隣のセルに関数を使って表示させています。

 

⇒ 続きはコチラ

 

偏差値を計算する

エクセルの関数を使ってテストの点数から偏差値を計算する方法の紹介です。
定期テストなどの成績処理をするときに使用してみてください。

 

作業イメージ
  • 入力されている「得点」をもとに偏差値を計算します。

 

⇒ 続きはコチラ

 

お役立ちサイト紹介

学校でエクセル

  • エクセルの基本的な使い方から成績処理、アンケート集計まで学校現場で役立つテクニックを紹介しています。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理、授業時数の計算、クラス名簿の並べ替え、行事予定表の作成、各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説しています。『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

 

先生向けエクセル講座「校務Excel」

page top