校務に役立つワードの使い方を解説

ワードで自動的に番号や記号がつく「おせっかい」機能を消す方法

ワードで自動的に番号や記号がつく「おせっかい」機能を消す方法の説明です。

作業前作業後

 

ワードを使っていてイライラすることの代表的な機能がコレです。
この「おせっかい」はやめさせることができます。

 

自動的に番号や記号がつく「おせっかい」機能を消す方法

「ファイル」→「オプション」を選択


「オプション」はファイルメニューの下のほうにあります。

 

「文章校正」→「オートコレクトのオプション」を選択

 

「箇条書き(行頭文字)」「箇条書き(段落記号)」のチェックを外す

 

入力オートフォーマット」にある「入力中に自動で書式設定する項目」の「箇条書き(行頭文字)」「箇条書き(段落記号)」のチェックを外して、OKをクリックします。

 

これで次から自動的に番号がつく機能が働かないようになります。
ただし、この設定をする前についてしまった番号は手動で削除しなければなりません。

 

段落記号のオンとオフ

段落記号がオンになっていると自動的に番号がつきます。ホームメニューにある「段落マーク」が水色に反転しているとオンになっていることを意味します。

 

 

記号を削除したい場合は、これをクリックしてオフ状態にしてください。

 

校務での活用例

各種文書で箇条書きにするところはたくさんあると思います。
そのときにイライラするのがこの「おせっかい」機能です。

 

ワードとしては気を利かせてるつもりなんでしょうが、余計ですよね。
数字だけでなく「●」や「■」マークでもついてしまうとか。

 

上記の設定で「おせっかい」しないように出来るので、イライラするのであれば設定しておくことをオススメします。

【新発売】先生向け参考書籍

学校現場で使える操作画面が中心のマニュアル形式
〜目次(一部)〜
1.クラス概要
2.クラスの作り方
3.クラスに関する設定画面
17.資料の活用例)オンライン展覧会
18.資料の活用例)行事動画の公開
26.課題の活用例)ノートを写真で提出
27.課題の活用例)ノートを写真で提出の作り方
30.質問の活用例)健康観察
31.質問の活用例)重要な連絡の既読チェック

page top