校務に役立つICT(エクセル)の使い方をシステムエンジニアが解説

エクセルでグラフの軸を反転させる方法

エクセルでタテ軸を反転させてグラフを作成する方法の解説です。

作業前作業後

 

陸上のタイムなど数値が小さいほうが良いもののグラフを作成するときに必要となるテクニックです。普通に作ると、タイムが良くなっているのに、グラフが右下がりになってしまいます。

 

縦軸を右クリック→軸の書式設定

通常通りにグラフを作成し、縦軸の数値の部分を右クリック→「軸の書式設定」を選択します。

 

軸のオプション→「軸を反転する」にチェック

表示された設定画面で、「軸のオプション」の「軸を反転する」にチェックを入れます(表示される設定画面はエクセルのバージョンにより異なります)。

 

 

エクセルのバージョンが異なっても、「軸を反転する」にチェックを入れるのは同じです。
以上で軸が反転されて表示されます。

 

タテ軸の反転表示

 

数値が低くなっていくにつれて、グラフを右肩上がりにしたい場合に設定してみてください。

【新発売】先生向け参考書籍

学校現場で使える操作画面が中心のマニュアル形式
〜目次(一部)〜
1.クラス概要
2.クラスの作り方
3.クラスに関する設定画面
17.資料の活用例)オンライン展覧会
18.資料の活用例)行事動画の公開
26.課題の活用例)ノートを写真で提出
27.課題の活用例)ノートを写真で提出の作り方
30.質問の活用例)健康観察
31.質問の活用例)重要な連絡の既読チェック

page top