エクセルで数字や文字を右揃え等にする方法を解説

エクセルで数字や文字を右揃え・中央揃えにする方法

エクセルで数字や文字を右揃え中央揃えなど位置をあわせる方法の解説です。

作業前
作業後

セルの中の左右だけでなく上下の位置も揃えることができます。

 

エクセルで数値や文字の表示位置をあわせる方法

対象とするセルを選択してから行います。

 

複数のセルを選択するときは、範囲の左上となるセルを選択しておいてから、範囲の右下となるセルを「Shift」キーを押しながら選択します。

 

左上「B2セル」を選択した状態

 

この状態で範囲の右下となるセル「3月のところ」を「Shift」キーを押しながらクリック。

 

複数のセルが選択された状態

 

メニュー「ホーム」→「配置」で位置合わせ

ホーム」メニューにある「配置」タブのところのボタンで指定します。

 

上にある3つのボタンがセルの中の上下位置をあわせるもの。
下にある3つのボタンがセルの中の左右位置をあわせるものです。

 

上下位置を中央、左右を右揃えにする場合は下記となります。

 

直観的にわかるようなボタンになっていますが、わかりにくくても押してみれば、表示が変わるので、心配ありません。

 

校務での活用事例

エクセルで表を作成するときに知っておくと便利な機能です。

 

セルをひとつひとつ指定するのではなく、上記の方法で複数指定してから行うと、一度で表示位置をあわせることができます。活用してみてください。

page top